未分類

人を羨ましいと思わない私が唯一羨ましいと思う瞬間

今週2回あった「体験会」ですが、
最近必ず聞くようにしている質問があります。
それは


[voice icon=”http://tabiben.net/wp-content/uploads/2017/07/shiho.jpg” name=”はは” type=”l”]「学生時代勉強は好きでしたか?得意でしたか?」[/voice]


そうすると、何人かは
「得意でした」
とか
「好きではないけど出来ました」
というオカーサンがいるんです!!!
OMG 奇跡。


そのオカーサンに
わたしは声を大にして言いたい。

[voice icon=”http://tabiben.net/wp-content/uploads/2017/07/shiho.jpg” name=”はは” type=”l”]それめちゃくちゃ強みですからーーーー!羨ましい![/voice]

何故か?


親勉は「カードを使う勉強方法」と思われがちですが、
カードがなくても実践できます。
実はカードはただの道具やきっかけに過ぎません。

地頭がよかったり、勉強してきたオカーサンは
今は忘れているだけで圧倒的に学校で
勉強してきた知識が詰まっています。

だからその詰まっちゃってるアレを
アーしてこーして思い出して日常でちょこちょこと
「アナウンス」さえすれば「カード」を使わない
親勉がハイ完成。

それこそネットがなくても
体1つ知識1つあればどこでも学びの場に変化させれる。
ノマドワーカーもとい ノマドスタディ??


私は勉強が苦手でした。


例えば
足利義満が出てきて「室町時代」とは言えるが
「金閣寺」までいけなかった人。

アナウンスがとっても浅い。

その事に気がついてからは
5歳息子にもっと深くアナウンスしたい、
わたしの受講生さんに還元したい一心で、
中学受験に特化した「超親勉」を受講し、
今更ですが本を買って勉強をしはじめました。

「親勉」は、
親が勉強が苦手でもやる気さえあれば、遊びながら学ぶ子供が育つ最高の家庭学習法であり、
勉強が出来た人には簡単に取り入れられる家庭学習法。



自分の強みを知り、
まずは自分の自己肯定感あげていきましょう!

親勉メモ————————–
「 金閣 / 3代将軍 / 足利義満 」
「銀閣 / 8代将軍 / 足利義政」
————————————

年商9桁ショップ運営と親勉を実践する
(自称)しゃちょーが書くメルマガ!事前予約受付中

ツールバーへスキップ