子育て軸がブレると悲劇が起きる。




わたくし、おそらく一般的な母親とはちょっと違うかもしれません(知ってっるって?)

生活習慣的に言うと

息子には 甘いものを極力与えもしなければ

そもそも 3時のおやつという観念が、ない。

家にはTVも無いし、
プラスチック製の安いおもちゃも基本的には買いません。

すでに5歳になる息子はというと

ねいまーる
マミーはそういうもんだ

と理解しているのでスーパーでお菓子をねだることも
おもちゃを買ってと要求することもほとんどしない。

なぜならそれが無駄な行為であるということを知っているから。

でも興味が無いわけはもちろんなくて、
超絶欲しいわけ。

だからバンコクに居るときは私の代わりにお手伝いミキティに
おもちゃをねだり、スマフォで動画を見せてくれとせがみ、
日本にいるときは TV見放題のHouse of ジージとバーバに行きたがる。


お手伝いミキティと♡

そして私は自分の目が届かない時のことまでは
あまり干渉せずある程度は好きにさせている。
息抜き大事。

そんなぶれないで有名な私が先日 何を間違ったのか
息子におもちゃを買ってあげた事で事件発生。

そう、あれは徳島の阿波踊りの会場だった。

阿波踊り会場につく前に
「ポップコーン」だか「焼きそば」だかが欲しいと
言う息子。
既に阿波踊りが始まっており急いでいた私は
「では後でね」とうっかり言ってしまったのである。

そう、息子と買う約束をしてしまったのです。

約束したからには買ってあげないと「嘘つき」になってしまいます。

人も多くて大変だっただろうに息子は文句一つ
言わず付き合ってくれたので
最後までいい子にしていたご褒美に買ってあげようと思ったんだけど、
何故か息子にねだられていた食べ物ではなくて

「おもちゃを1つ買ってあげるよ」という私

 

普段 私がおもちゃを買ってあげる事なんてないから
相当びっくりした様子の息子。

そんな喜び度マックスの息子が選んだのがこの玩具。

はは
な、、なんじゃこりゃーーーー

そう、中がキラキラ光るという夜店にありそうなあれです。

キラキラ光るスマイル君を嬉しそうにぐるぐる振り回す息子。

人にぶつからないように伝えるがやっぱり悲劇が起きた。

ガシャン

音がなる方を見ると地面に打ち付けられて軽く割れている
スマイル君。
そしてあれだけビンガビンガに光っていたはずの光がつかない。

購入から10分後の事でした。

はは
(ざーーけんーーーなーーーーーっ!)もう絶対買わないからね!

ときれる私。

シュンとする息子。

でもね、

「買ってあげたのは私の勝手な行為そもそもねだられてない

そして買ってもらったらそれは既に息子のものなわけで

息子がどう遊ぼうが壊そうが私が口を出すことではない

普段買わないおもちゃを私が買った行為により、
壊された私不機嫌、頼んでもいないのに
買って壊したら怒られて息子もハッピーじゃない。

私の子育て芯ぶれが起こしたWの悲劇。

おもちゃを壊されてもなんとも
思わないおかーちゃんならいいのであります。

でも私の場合は
「物を大事にしない(きいいい)」
「すぐに壊れるようなおもちゃって環境破壊!」かつ
「タダだと思うな」的に
まーまー色々と許せないラインだったようです。

だったら買ってあげるなよ、私。
ほんとその一言ですよ。

その日 以来

はは
「安いプラスチックのおもちゃは何があっても絶対に買いません」

再度心に固く決めたのでした。

子育ての軸のブレは子供にも良くないが

わたし本人にも相当良くないのね、を体感した夏2017。

ぶれずに、
親の覚悟を決めておくと子育てはぐっとラクになる♡

そうは言っても
まだまだ私ブレちゃうのよね、とか、そもそも親の覚悟って
何ぞや?というあなたには「親勉」のドンの
1ミリもぶれない子育てメルマガを!

~全国16000人のお母さんが読んでいる~
「親勉」創始者小室尚子先生の子育てに役立つメルマガ【https://www.agentmail.jp/form/pg/983/1/?shiho.mitsugi.c】

ぶれない子育て軸が作れるようになる親勉講座のスケジュールはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA