サドベリースクール見学!




 

明日はサドベリースクールの見学に行ってきます。

サドベリースクールには授業もテストもありません。

子供が興味を持つまで「見守る」
生徒たちは、自分でやりたいことや必要なことを「見つけ出し」それを「好きなペース」「好きな方法」「好きな人たちと共に活動」しているのです。
(面白いのは卒業後の進路でアメリカのサドベリー卒業生の就職先が「事務職」が多いこと。日本はアート関連)

親勉
常にアナウンスして興味の杭打ちをしまくります。
しかも中学受験や小学校高学年で出る内容に絞っています。

正反対….?

でも共通している点、それは
「子供を尊重している所」

私はなによりもまず
子供を一人の人間として見ている点が大事だと
思っていてそこは絶対に譲れない。

これは
モンテッソーリ教育だってそうだし、
最近気になっている人達も同様の発言。
子供を子供として下にみないで
同等もしくは上に見てる。

あー!

楽しみです!

http://tokyosudbury.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA