私が 親勉(おやべん)本講座 約10万円がやすいと思う理由(わけ)




先日このようなお問い合わせがありました。

==============
体験会を受講し、
親勉の良さはわかりました。

ただ、
本講座 (初級32400円/中級64800円)
を全て受講するとなると合計約10万円。

その金額に躊躇している自分が居ます。

しほさんの ご意見をお聞かせ下さい
==============

実は私、

親勉の本講座にかかる約10万円が
高いと思ったことが

はは
一度もありませんでした

むしろ
「安い」とさえ感じていました。

これは私が経営者で
割と自由にお金が使えるから、では

「断じてありません。」

むしろお金にはシビア。
経営者なので….

長い目で見てリターンがないもの
や納得しないと基本的にはお金は出しません。

本講座が高い!
と思う親御さんへの
説明方法としてよくあるのが

ティラノン
「公文は1教科8,000円。
2教科取ると1ヶ月16,000円。
だから半年したら元が取れます」
ティラノン
「1つのカードでルールさえ変えれば
異年令でも遊べるのでお得」

これは本当にその通りで
間違っていません。

私も実際にそう思っています.

でも
私の場合は
親勉をやろうと決めた理由が

「勉強が好きな子どもになる!」
から さらに先……

息子が生まれた時に思い描いていた

はは
息子とは
死ぬまで笑いながら楽しい関係でいたいな

が実現するって思ったから。

親子関係が悪化する原因として
考えられること

====
*勉強
*自力(精神的/経済的)
====

その両方が解決し

「親子の最高の関係を作るツール」が
「親勉」だと思っています。

「勉強」ばかりに目が行きがちですが
実はもっと深くて
親も子どもも両方の
人生を豊かにし 楽しくする。

「人生」がかかっているので
10万円が高いとは思わなかったんですね。

更に詳しくはメルマガで!

http://tabiben.net/mailmag

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA