メールマガジン登録

メルマガ登録はこちらから
送信者アドレスは  eb9883@expa-cast.jp なので
「迷惑メール」に入る可能性大!です。
お手数ですが
1)「迷惑メールボックス」のチェック
2)「eb9883@expa-cast.jp」の受信可能設定
をお願い致します。



*メールアドレス
*お名前(姓・名)


私が唯一自信がなかった「アレ」


親が子供に伝えるべき事は大きく言うと3つあると
思っていて、それは「自立」「楽しむ」「学び」。

私は26歳で起業しパートナーに依存せず自立していました。

息子が生まれる前から決めていたことは
「子供ができてもとにかく自分を大事に。親の幸せが子供の幸せ」
「子供を一人の立派な人間として接する」
子育て軸があったので特に子育てにストレスを感じることもなく
人生を楽しんでいます。

そんな私が唯一教える自信がなかった事、それが「勉強」

私立女子中学/高校でろくに勉強をせず
「円周率って実生活に何の役に立つの?は?」
と本気で思っていた学生時代(〜つい最近まで)

そんな私が子供を産む時がやってきた。

あまり悩むことがない私が唯一悩んだ、それが
「子供の教育」のこと。

全ては親の意識と環境

でもある事をきっかけに、
自分自身の意識を変え、周りの環境を整えてみたら
親子の共通の話題のなかにいとも簡単に
「勉強 」が入り込んでくるようになった。

そしてタイ生まれタイ育ちの我が家の5歳児が
どんどんと自己肯定感が高い子供に成長していった。

そんな奇跡のような出来事が起きたのは全て
「親勉」(おやべん)に出会い実践したから。

皆さん遊びは好きですよね?

「親勉」は勉強を勉強として教えるのではなく、勉強をみんなが大好きな
遊びへと変換する家庭学習法。

子供は遊びだと思っているので楽しみながら歴史人物や都道府県、部首、
計算をやっています。

でも「親勉」は続けていくには実はちょっとしたコツがあるんです。

世界を旅をしながら年商9桁の会社と5歳男児の子育てを同時進行して
いる わたしの子育てと旅のコツをこのメルマガでこっそり教えます。

メルマガ登録はこちらから



*メールアドレス
*お名前(姓・名)