未分類

パワフルえりこのパワフル英語!講座に潜入

今年の4月に親勉のインストラクターになったのですが、
その時の「親勉インストラクター同期」の中でもひときわ目立っていたのが
今回紹介する Eriko Yorinoインストラクター! (アメブロはこちら

彼女、ドイツ、スエーデンに6年間住んでいた経験からドイツ語、スエーデン語、英語(留学経験なし)の3ヶ国語を操るマルチリンガルなんですが、普段は宮城県にある公立小学校で英語の先生をしています。

笑顔を見てもらえれば分かる通り、超ポジティブで大好きな彼女。

そんな彼女にある日 本屋に同行してもらいTOEFLの本を選ぶ手伝いをしてもらったのですが、その豊富な英語勉強法の知識にびっくり!

また普段FBにアップする子どものための英語勉強の動画がまた良くて、
それを見た5歳息子が一瞬で
「英語の1月~12月」を言えるようになったりと
とにかく子どもに楽しんでもらいながら英語を教える事が上手。

その彼女がお母さんに向けた英語講座を開くとの事で
迷わず参加してきたのでレポートします。

その名も……

「パワフル・エリコのパワフル英語講座」

[voice icon=”http://tabiben.net/wp-content/uploads/2017/07/shiho.jpg” name=”はは” type=”l”]そのまんまやーんwww[/voice]

ちなみに前日に送られてきたメールに書いてあったことはこちら。

【ご用意いただくもの・こと】
1)楽しむ心の準備(羞恥心は捨ててきてください(笑))
2)できれば:ハロウィン的なワンポイントを
(みんなで集合写真撮りたいな〜と思っております)
3)動きやすい格好でお越しください。
4)タオル、筆記用具

1)は想定内。
2)何も用意してない。
3)動く
4)タ、タ、タオル

踊るのか??

でも彼女だったら踊りそう!

ということで違った意味でドキドキの講座にいざ潜入。

本日のメニュー

まずはウオームアップは簡単な体操をやりました(笑)

緊張がほぐれたところで 英語で簡単な自己紹介しましょうね〜
その前に私から紹介しますね。

と、、、、
英語で来るとおもいきや突然はじまったドイツ語とスウエーデン語で自己紹介に一同

[voice icon=”http://tabiben.net/wp-content/uploads/2017/07/dino.jpg” name=”ティラノン” type=”l”]うおおおおおおおっっっつ(笑)[/voice]

と一気にハードルが上がる。
も、みなさん無事自己紹介が終わったら

次にはこれからの日本を取り巻く英語教育についての座学。真剣。

最前線の現場で働いている方が言うだけ有って生々しくて
参加者のおかーちゃん達に刺さりまくり、焦りまくり。

また日本人は発音を気にしすぎ!
気にしないでとにかくやる事を
各国の非ネイティブの人たちの英会話のYOUTUBEを見せながら説明してくれて
「ふむふむ」

また、

親が

[voice icon=”http://tabiben.net/wp-content/uploads/2017/07/dino.jpg” name=”ティラノン” type=”l”]
エリコ先生は英語がすごく出来るのきゃーーーー♥[/voice]

というテンションだと 子どもがそれを見て
「英語出来る事がすごいこと、一般的ではないこと」
だと思ってしまう。

英語は出来て当たり前であること。
それが重要なので
お母さん達の英語ができる人=すごい!
という意識は絶対にやめたほうがいいよ、というお話。

が終わったと思ったら

突然のTOEFLの抜き打ちテスト!!!!

その時に「シャドーイング」という、流れてきた英語を聞き取って兎に角
声に出して言ってみる方法を紹介してくれたのですが
これって宝槻 泰伸 さんの
強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話」で紹介していた勉強方法や、
名前を失念しましたが日本語ペラペラの中国人実業家の方が
英語を学んだ方法としても同様に兎に角口に出す、そして
本を暗記する だったことを思い出しました。


そこで
今回の事をきっかけに今までは車でただかけ流ししていただけのTOEFLのCDを口に出してみる、TOEFLのテストがある3週間でできるだけ丸暗記する事を目標にしましたよ。

まだやって1日目ですが断然良さそう。

そして皆さん(というかEriko先生がw)
お待ちかね!体を動かしながら

汗かき英語タイム!

兎に角子どもに興味を持ってもらうには親も楽しく!
そしてオーバーリアクションも重要。

もうすぐハロウイーンだからということで
コスチュームも用意してきてくれてみんなで仮装してゲームをやりました(笑)

あとは
英語の教材はネットで無料で落ちている有益情報や
ABCではなくてフォニックスとは何?からのフォニックスの重要性についての説明。
これを実際に声をだしながらやってみたり。

最後は。。。。

「本屋さん」で英語の本選び

向かった先は東京駅前にある「八重洲ブックセンター」
6Fだったかな?の子ども&語学関連のあるフロアー。

ここ1日中居れる天国のような場所でした。

幼児のための英語テキスト選びポイント3つ

ここでは幼児や英語に慣れていない子どものためのテキスト購入の際の
ポイントをおしえてくれました。

ざっくり言うと3つ。

1)兎に角  薄い本を選ぶこと(分厚い本NG)
2)カラー(白黒はNG)
3)絵が入っている(漫画っぽい)

1)は1冊決めたらそれがくたくたになるまでやる事。
これは親勉の小室先生でも同じことを言っていました。

どうしても分厚い本を買いたくなるところをぐっと我慢して
薄い本を購入しとにかく繰り返しやる、これが重要。

2)子どもの目を引くために白黒よりも絶対にカラー!

3)絵も入っていればいいのではなくて、できるだけ
漫画っぽい楽しそうなものを。

とにかく「勉強の本っぽくない」「飽きない」がポイント。

そういえば私も先日「親勉の中級講座」で
小学生のお子さんをお持ちのお母さんに
おすすめの子供向け英検テキストについ
と聞かれたので質問したら これがおすすめだそうです!
もちろんお子さんの個人差はあるので「絶対」ではないのですが最低でも上記の条件は
クリアーしている良本。

 

あとは英語のアルファベットならこのドラえもんのドリル。
◎パート1 アルファベット:大文字と小文字の形と書き方、読み方を学びます。
◎パート2 フォニックス:アルファベットの文字と音のルールの基本を学びます。
◎パート3 ローマ字:自分のこと、日本のことを書き表すためのローマ字を学びます。

またお母さんが英語を学ぶ(読む)のであれば
自分が興味がある漫画の英語版や本を選ぶこと。

興味が無いと続かないのは想像できますよね。

万が一子どもが食いつかなくても、お母さんが
横で英語の勉強をしていたら必ず子どもは
「お母さんは何をやっているんだろう」
と興味を持ちます。

これは親勉も一緒。

とにかく内容が盛り沢山の英語の講座で2時間では全く終わりませんでした。

ここに書いた事以外にもまだまだ伝えたいこと沢山あるそうです。

そして今回参加できなかった方から熱烈ラブコールもあるので
第二回も開催してくれるはずですので
興味がある方は是非連絡を取ってみてくださいね。

生 Erikoを体験してみてください。
本当にパワー出ますし、楽しむってこういうことね、を体験できます。

もちろん 仙台で「親勉の講座」も開催しているので
近郊の方はそちらもチェックしてみてください。

「体験会スケジュールはこちら

ツールバーへスキップ