小学校はコスタリカ(予定)!5歳息子の英語の不安なし!な私が今 英語をやらせている理由




うちの5歳息子君、実は3歳の時にバンコクの某インターナショナル
幼稚園に1年程通いました。

クラスは12人くらいの生徒に外人先生(息子の担任はフィリピン人の先生でしたが発音めちゃくちゃ綺麗!!!)とタイ人ヘルパー2人がつくというなんとも贅沢な環境。

生徒も日本人は他に2家族だけであとは金持ちタイ人の子供と外人という構成。

勿論 共通言語は「英語」です。

半年くらい経った頃でしょうか、担任の先生に

「ねいまーる君はお友達とよく遊びよく食べて何の問題もないけど、英語が出てこなくてあまりお話しをしないのよね」

と言われた。

言語の取得って、
理解ができても喋り出すのは後なのを知っているので

「ああきっと今は英語貯金しているんだろうな」と全く気にもせず。

結局 その学校は大好きだったけれど、
学費が高過ぎて(1ヶ月15万くらい)1年で辞めて、次の学校は
タイの保育園(シュタイナー系)へ。

今度の共通言語は「タイ語」。
そして一番仲がいい
ヘンリー(ドイツ✖️中国)との会話はタイ語(と英語ちょっと)。

この時4歳。

言葉が通じなくても遊び方が似ていたらモーマンタイ!
家族ぐるみの付き合いをしていた(今も)ので
よく家飲みとかビーチに行ったりしていた。

ある日2人が遊ぶ姿を観察し、会話に聞き耳をたててみたら….

ねいまーる
「OK」
ティラノン
「YES」
ねいまーる
「No」
ティラノン
「Good」
という
もんのすごいシンプルな英語少しのタイ語で構成されておりました。さすが。

そんな環境を1年程過ごし、5歳になった時に日本に一時帰国。
その時の言葉の取得状況はというと

ねいまーる
No 1 日本語 No2  ちょっとタイ語 No 3 さらにちょっとの英語とミャンマー語

という、
まあ言ってみればどれも中途半端な状態で帰国。

その後「親勉」を学んだわたくし、講座の中で
学んだ「英検Jr」を受講させる事にしました。

1年半の世界旅行で英語はある程度身に付くだろうし、
コスタリカで入れたいと思っている小学校もインターナショナルスクールなので英語はなんとかなるので何の心配もなかった。

だから本当に「一応」やらせてみた1日目。

あっという間に

はは
アウトプットキター!

そう、薄ら貯金していた「英語」が英検Jr.をやる事で一気に英語ダムが崩壊して流れ出てきたんです。

「我が家は英語に関してはどうにかなる」と思い、
何の目標も立てずに「楽(らく)」な方に行っていた自分を猛反省。

もしもタイに居た時に意識してやってあげていたら

大好きなヘンリー(は英語が出来る)ともっと

沢山お話が出来ただろうに。

はは
ごめんよ息子!

と言うことで、英検Jr.のブロンズは開始ご3週間であっさり合格し

現在はシルバーを挑戦中です(一度テスト不合格)!

なので今わたしが「英検Jr」をやらせている理由は
2018年2月〜4月の3ヶ月間滞在を予定しているバンコクで、
息子が大好きなヘンリーと、
沢山おしゃべりできるような状況にしてあげるため
という単純な動機。
(もちろんその後の世界旅行とインター校への準備という意味もありますが)

でもね、
日本に住んで普通の学校に行くならば
就職や進学に必須の「英語」は小さいうちからやっておいた方が絶対にいいです!

しかも普通にやるのではなく、「勝てる」英語が肝。

え?「ただの英語ではなくて勝てる英語ってなに?」

それは「英語をやる理由」と共に
親勉の中級講座でお教え致します。

「何事も目標を持ち計画を立てる事は大事」だなと感じております。
ダイエットもね。

仕事はいいんです、ある程度は巻き返せます。

でも子育ての場合、相手は日々成長する生身に人間。
気がついた時には一緒に遊んでも話してもくれない思春期に突入♡
そうなると、色々と後悔しても手遅れです(人)アーメン。

「後悔」という言葉を撲滅しよう!と言う事で、
私の「初級」「中級」講座では子育てスケジュールを立てて
いただき、さらにはきちんと実行して頂きます。
この辺は(自称)しゃちょーなので厳しいです^^

興味がある方は是非ご参加下さい。

=============
旅するノマド ママしゃちょー「しほ みつぎ」
講座スケジュール ↓↓↓

https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/17861
=============

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA