YouTube Kidsだからって放置見せ安心?エルサゲート動画に注意




この投稿を読んでいる皆さんの中で、

家事の間にYouTubeに子守をさせている方、居ると思います。

あ、
それが、駄目と言っているわけではありませんよ。

見せる見せない、どうやって見せる等はご家庭の方針です。

今日の話題はそんな小さなことじゃないんですよ。奥さん!

お子さんにYou Tubeを見せる際には
YouTubeにある制限付きモード
(YouTubeで子供に見せたくない
性的・暴力・犯罪などの不適切動画を視聴制限する方法)

きちんと設定してますよね?

え?してない?
してないならすぐに設定して下さいね。
設定方法↓↓↓

YouTubeを視聴制限する方法 13歳未満の子供に見せる前に必ずやっておきたいこと

そしてその設定を
やっているから安心安全♪だなんて

思ってません….か?

はい、それ数ヶ月前の
制限掛けてるから安心安全♡って思ってましたよ!

そしたらね…..
ひいいい…な事が起きたのです。

 

ということで
今回はYouTubeやYouTubeKidsにはらむ
子どもの放置見せの際に起きる危険性について
赤裸々に書いてみました。

裸同然のエルサ

2017年に親勉をはじめてから、
我が家は私監視のもとであれば
YouTubeで英語の動画、
もしくは勉強に繋がる動画であれば
あらかじめ私が選定し、
時間を決めて見ることを許し始めました。

もちろん「制限モード」は設定。

ただね、慣れてくると仕事中などに
YouTubeに子守をさせたりすることも出てきました。
見せる動画は決めていました….

でもね、
あとから気がついたのですが
監視していないと(放置していると)
どんどんと横に出る「おすすめ動画」を
勝手にクリックしていたんです。

しかも我が家は
万が一飛行機でヘッドフォンがない場合
を想定し小さい頃から
無音でも見れる事に慣れてもらっていました。

ある日のこと。
息子がすごい集中力を発揮しながら
静かに無音でYouTubeを見ているので
なんとなくタブレットに目をやるとそこ映し出されたのは

SUPER WHY(のはずだった)ではなくて

スパイダーマンとエルサのアニメだったんですけど

はは
下着姿のエルサがっっ


イメージ画像です

びっくりした私は急いで息子からタブレットをを取り上げました。

非常にバツの悪そうな顔をする息子。

そう、5歳年中の本人も何かいけないことを見ていると言う
意識があったようです。

その時にある話を思い出しました。

うちの子 まだ5歳だから大丈夫

一年ほど前に息子が4歳の時、仲の良い女友だちから聞いた話。

ある日その友達が
友達の子供の5歳の男の子と話していたら、
「今度デートしようよ。でもお母さんには内緒ね


手を掴みながらなんだか意味ありげ言ってきんだそうです。

うーん変な雰囲気。

気になって事情を探ると
どうやら普段から子供同士集まってYouTubeを見ていると。

そして見ているものはなんだかちょといやらしいものらしいと。

そしてその事を親はまったく知らない!(と子どもが言っていた)

きっと、

ティラノン
まさかうちの子が!だってまだ5歳だし。
とか
ティラノン
YouTubeを見ててくれたら
静かだし楽だわ〜
 という軽い気持ちで
放っておいたのでしょう。

友達曰く

本当にゾッとした。。親にも言えなかった。

その話を聞いていたので
我が息子がちょっとエッチなアニメをYouTubeで
見ていたことに対してはさほど驚きませんでした。

私も早熟だったしな。

それよりもYouTubeは制限設定をしていても
有害なものが見れてしまうということに驚き。

その次に私がやったこと

それは YouTube Kids。

うん、これなら大丈夫〜

だってKids用だよ(^^)

 

そんなある日。
あまりにも息子が静かに無音でYouTubeを見ているので
なんとなくその先に目をやるとそこ映し出されたのは

スパイダーマンとエルサのアニメだったんですけど

はは
下着姿のエルサがまた!いるっっ

非常にバツの悪そうな顔をする息子。

はは
ええ。。まったく同じ状況発生してますけど

ちなみにこのような動画のことをエルサゲートと言います。

エルサゲート(英: Elsagate)は、子供にとって不適切なテーマを扱った動画や、それらがYouTubeやYouTube Kids等のプラットフォーム上で家族向けのコンテンツとして拡散されている状況を指す造語。

エルサゲート – Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/エルサゲート

 

「エルサゲート」の由来のエルサは
ディズニー映画「アナと雪の女王」の主人公・エルサ。

エルサなど
子どもに人気のキャラクターのアニメや実写コスプレなどを使って、 一見子ども向け動画のように見せかけながら、キャラクターが暴力を振るったり、子どもを虐待したり、排泄行為を繰り返すなど、子どもがショックを受けそうな内容の動画になっている

ということです。

エルサやスパイダーマン、ミッキーマウスなど海外作品のキャラクターを使ったもののほか、
アンパンマンなど日本の人気キャラを使ったものもあるとか。

☓ YouTube (制限設定してもだめ)
☓   YouTubeKidsもたいして変わらない

これって  放置見せを しなければ 
解決しますよね。

ええ、わかってます!
見せる動画も決めていましたよ!
でも
ずーーーと付き添って一緒に見る事は私はできません。

もちろん当り前にそれをやっている方もいるだろうし、
出来る人は是非やってくださいね!
そうすればこの問題は出てきません。

ではつきっきりが出来ない人はどうすればいいの?

そもそもYouTubeは有害なコンテンツもあるけど
超優秀な教育系コンテンツもあります。

だから私もYouTubeだめ絶対♡
にはしたくない。

そしたら回避する方法みつけました

きっかけは
同年代の子どもを持つネットに強い友人

 

ティラノン

ねぇ知ってた

だだ(無料)より怖いものってないんだよ….うんぬんかんぬん

ということで具体的な解決方法2つ!は次回に詳しく書きますね。

そして最後に超怖いお話のおまけ。
このブログよかったら読んでみて下さいね。

信じるか信じないかは各自の判断。
でも実際にアニメに見せかけたエログロ動画はあるわけで、
存在している理由はなんにしろ事実。
そこから遠ざけたいと思うのは親心。
とにかく信じすぎず、出来ることはやりましょう。

台湾の親御さんたちの間では(台湾版2ちゃんねるにて)、悪意のあるなりすまし子供向け動画が問題視されていて議論を呼んでいました。

【注意喚起】YouTubeを自動再生で赤ちゃんに見せてるママは気をつけて!セーフモードが無意味。YouTubeのおすすめ機能でお馴染みアニメキャラがグロやポルノ、暴力など行う悪意に満ちた「なりすまし子供向け動画」が蔓延中。子供を守る方法は?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA