「子育て」息子の小学校をコスタリカにしようと思っている理由




先日個人のFBで

はは
「息子の小学校をコスタリカにしようと思っている」

とつぶやいたら

ティラノン
「何故コスタリカ?」
とのコメントが多かったので、
これを機に私が息子の小学校としてコスタリカを選んだ理由をまとめてみました。

コスタリカ共和国とは?

まずはコスタリカの事を…..
中央アメリカ南部に位置する共和制国家

北にニカラグア、南東にパナマと国境を接しており、南は太平洋、北はカリブ海に面している。
首都はサンホセである。

1949年に常備軍を廃止する憲法を成立させ常備軍を持たない国となったが、同じく憲法によって非常時徴兵を規定している。
よって完全に軍がないのとはちと違う。

チリやウルグアイと共にラテンアメリカで最も長い民主主義の伝統を持つ国であり、
中央アメリカでは例外的に政治的に安定が続き、かつ経済状態も良好な「中米の楽園」と呼ばれるほどの国家。

全体像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大図

 

「南米」と「中米」の区別の方法

実は私コスタリカは勿論、南米すら行った事がありません(笑)

よって知り合った人に

はは
「世界旅行の最終目的地は南米で、最後はコスタリカに….」

というと地理を分かっている人にはこう言われます。

ティラノン
「コスタリカって中米だよね?」

と言う事で「北米 /中米/南米」の違いを調べてみました。
ちなみにこれは「地理」ではなく「文化的」見解となります。

「北米(North America)」
カナダとアメリカ合衆国
「中米(Central America)」
テワンテペック地峡(メキシコ南部)からパナマ地峡まで。国でいうとグアテマラベリーズホンジュラスエルサルバドルニカラグアコスタリカパナマ。
文化的見解ではメキシコおよび西インド諸島も含まれる。
「南米(South America)」パナマ地峡以南。
国でいうとベネズエラコロンビアエクアドルペルーボリビアチリアルゼンチンウルグアイパラグアイブラジルスリナムガイアナフランス領ギアナフォークランド(マルビナス)諸島 

ということで、コスタリカは正確に言うと南米ではなく「中米」となります。

何故コスタリカなのか?

よく聞かれる質問なので、簡単に自分の頭の中身を整理してみると大きな理由は5つ。

  1. うちの息子が日本の公立小学校に通うイメージができなかった。
    → みんな同じがいいという方針がベースの教育。私的にはみんな違った方が面白い。
  2. 旅や異国の文化に興味があるのでなるべく海外に住みたいと思っている。
    → 現在、私自身は有難い事にネットさえ繋がれば仕事ができる為、どこにでも住む事が出来るという有難い状況を利用しない手はない。
  3. ワクチン問題と日本の政治的状況。
    → ワクチンは任意。にも関わらず打たせていないだけで育児放棄や虐待と見なされて児童相談所に連れて行かれたり、報道規制があったり本当に民主主義なのか?と思う事多々。息子が16歳になるくらいまではなんとか海外に住んで居たい。
  4. 納税するならある程度納得いく国に住み納税したい。
    →100%完璧な国はないのは重々承知ですが、その中でもなるべく自分が納得
    出来るような国に小額であれども自分の大切な税金を納めたい。
  5.  ナチュラル系の学校で生活費や学費が日本と同等かそれ以下
    →息子の学校の事だけを考えたらヨーロッパなどには面白そうな学校が有りそうですが、(VISAと)お金の事を考えると我が家にはちょと現実的ではない。

 

さてどうしようか….と考えていた時に、上記を満たすような学校がコスタリカにあるという投稿に出会ったのです。

コスタリカにあるシュタイナー小学校

息子が小学校に上がるまでが2人で思いっきり長期旅行できる最後のチャンス!と思っているので、5歳〜7歳になるまでの約2年は日本を飛び出して2人で世界旅行をする予定でした。

その後の小学校をどうするか?についてはぼんやりとしか考えていなかったのですが、ある日目に留まったのがこの投稿。

「コスタリカにあるシュタイナー系の小学校は、目の前には海、学校にある畑でオーガニック野菜を作り、トイレもコンポストで非常にサスティナブルな環境の中、生徒達は問題が出たら自分たちで考えて解決しながら学校生活を送っている。
そして娘は念願だった馬に乗って学校に通いまじめました。」

この投稿していたのは 、
日本ではじめてxChangeという物々交換会をスタートさせた丹羽順子さんことKOKOさん

震災後は家族でチェンマイ近く、タコメパイにあるオーガニックファームに住み、
最終的にはお子さんと2人でコスタリカへ移住された方です。

 

 

実はこの投稿を見る前に、「xChange」の考えに賛同し2015年4月からバンコクでxChangeBangkokをスタートしていたので その創始者の方がKOKOさんだったことに勝手にご縁を感じていました。

その後、いつかお会いしたいな〜と片思いしつつ私はタイ、KOKOさんはコスタリカ。

なかなか機会に恵まれなかったんだけど、今年の3月にKOKOさんが一時帰国中に主催された
「Breath workshop」呼吸のWSに参加する事が出来、見事初対面できたときは1人勝手に小躍りです。

Breath workshopのを受けたときのブログ↓

「コスタリカって意識が高いアメリカ人がめちゃくちゃ移住していて、それは予想外だったわ」というKOKOさんのお言葉に、
そう言えばベリーダンサーの間では超有名な
レイチェルブライスも毎年必ずコスタリカでリトリートをやっているもんな…..
納得したり。

オーガニック、サスティナブルな生活がいいなあと思っている私が気がついた事。それは

「オーガニックだの、サスティナブルな生活を発展途上国、後進国に求めるのならば、その場所に先進国の人が住んでいる場所でないと難しい」

実際、チェンマイもバリ島(ウブド)もオーガニックが根付いている所をみると外人が多いのです。

コスタリカ、軍隊を放棄している(といってもアメリカ軍に頼っている)のも教育費が無料なのも、森が沢山あるのもまずは自分の目で見て確かめてみたい。

忙しそうなKOKOさんとは軽くしかお話しできなかったので、
ビザ含めた詳細までは聞く事は出来なかったのでこれから色々と調べる必要があります。

でも
「シュタイナーの学校」「軍を放棄しているコスタリカという国(治安は安定している)」に魅力を感じたので、世界一周旅行最終地点は息子が小学校に入る前までに、コスタリカに入る事に決めたのでした。

ただ万が一何か問題(この場合VISAが濃厚)が起きたら日本に戻り
日本の学校に入れますが、
日本にもフリースクールなど色々な個性的で面白そうな小学校が増えてきているので、公立ではなくその辺りを考えています。

まずは行ってみよう!
行ってみて合わなかったらまたそこで考えれば大丈夫。

あと、完全にアメリカナイズされてしまう前にキューバも行かないと!

ああ……旅の夢は膨らむばかり。

====================================
子育てが楽しくなる
15000人のお母さんが読んで号泣!?
「親勉創始者 小室尚子先生」の子育お役立ちメルマガはこちら
https://www.agentmail.jp/form/pg/983/1/?shiho.mitsugi.c
====================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA